書籍

手にとるように銀行がわかる本

¥1,512 岩崎博充著、かんき出版刊行、2008/12/24発売

手にとるように銀行がわかる本

 世界的な金融危機で日本の銀行はどうなるのか?世界的な金融危機で注目される「銀行」。「お金は経済の血液」と言われている。銀行が注目されるのは、その血液の流れを握っているから。本書は金融の自由化、高度化、グローバル化時代に、銀行の役割、商品、サービス、組織などはどうなっているのかを基本的なことから解説。メガバンク、地方銀行、信用金庫、信用組合など各金融機関の今の姿がわかる一冊だ。
就活中の学生から、銀行業界に従事する人、金融業界に興味のある人にお勧め。