書籍

老後のお金の新常識

¥648 岩崎博充著、ぶんか社文庫刊行、2010/3発売

老後のお金の新常識

 定年後、60歳代以上が国から享受できる制度、助成金の変化してきた。そして
65歳以上の貧困層が増加してきている。貧困層に陥らないための様々なノウハウを
盛り込みつつ、新しい老後の暮らし方を紹介。「年金以外の収入源を確保」
「海外ロングスティ」「生活保護を受けやすい地域に引っ越せ」
「高齢者同士で寄り添って暮らす老人コミュニティ」など、原則として国民年金
受給者の収入(夫婦合わせて月額約12万円)をベースに、自分の財産を使い切って
暮らす方法を提案している一冊だ。